リアルタイム字幕

HOME>>リアルタイム字幕

音声をリアルタイムで文字化するリアルタイム字幕

聞こえに不安がある人は全国で600万人以上

現在、日本には障害者手帳を持つ聴覚障害者は30万人以上、また高齢化も進み聞こえに不安を抱える方は600万人以上いると言われています。
日本でもテレビの番組放送、CM、公的なイベントでも字幕を付けられることが増えてきました。
海外では、聴覚障害者への情報保障として全ての映像に字幕が付いています。

リアルタイム字幕サービスの提供

弊社では、聴覚障害者への情報保障の一つとして、議会、セミナー、シンポジウム等の文字をリアルタイムで文字化し、字幕として表示するリアルタイム字幕サービスを始めています。
字幕は映像と文字を合成しインターネットで配信したり、会場のスクリーンに表示しまた、スマートフォンやタブレットに専用サーバを介して表示させたりすることができます。

リアルタイム字幕フロー

メリット

文字での通訳ですので手話がわからない方へも内容をしっかりと伝えられます。
聴覚障害者や聞こえに不安のある方に文字で通訳できます。
音声が聞こえにくい場であっても、音声に合わせて文字が表示されることにより、内容理解が深まります。また、聞き逃がしてしまった言葉も少しさかのぼり確認することができます。
通訳文字も全文、要約ニーズに合わせて表示できます。
リアルタイム字幕の文字を活用し、速報版会議録の作成ができます。
リアルタイム字幕サービスは初期費用や事前準備なくすぐに始められます。

地域と議会をつなぐ会議録センター

ページTOPへ